校章嵯利 治流
最近学校に戻ってきた問題児。正義感と連帯感が強く仲間思いだが、短気で怒らせると一番怖い。アブじゃす治流の仲良し(ケンカ)3人組の一人。
さり ちる
年齢:17歳趣味:スポーツ全般
身長:156cm愛称:ちるちる
能力:触れた植物の病気を治す。
オーキシンサイトカイニンジベレリンエチレンアブシジン酸ブラシノステロイドジャスモン酸フロリゲンストリゴラクトンストマジェンサリチル酸
サリチル酸 [Salicylic acid]
病害応答
サリチル酸は古くから植物内での病害抵抗に重要な役割を果たしていることが示唆されていたが、一般性を欠くため植物ホルモンとしては認知されていなかった。しかし、病原菌など外敵からの攻撃に応答するSAの俊敏性は特筆に価する。攻撃を受けた細胞ではすぐさまSAが高蓄積し、過敏感細胞死を引き起こす。さらにSAはシグナル物質としても働き、離れた細胞へも蓄積することで全身抵抗性(SAR)を誘導する。傷害応答とSARは拮抗的な作用を示すため、SAはジャスモン酸と拮抗するが、環境ストレス応答を担うABAも同様にSARを抑制する。このようにSAはJAやABAとお互いに抑制し合う複雑なクロストークを行うことが示されている。ちなみにSAは転写調節因子であるNPR1を活性化させ、核へ移行させてPR1遺伝子を発現させるが、エチレンはこのシグナル伝達を手助けするらしい。SAの生合成経路やシグナル伝達経路については未だ不明点が多い。病害応答だけでなく一部の環境ストレスにも応答するという知見があるが、詳しくは分かっていない。なおサリチル酸は植物だけではなく人にも鎮痛剤として使われることがある。
2017 Semimaru and Nanabuluku. All right reserved.